スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ピアノ

しばらくぶりに兄からの電話。
実家の父の部屋と、もと私の部屋の床を張り替えようとしているらしい。私が就職してからしばらくしたら、実家の私の部屋は物置となった(笑)。帰っても寝る部屋がないから、お正月やお盆に帰省したときは、両親の部屋で寝てたりしてた。
その元私の部屋の窓際のスペースには私の勉強机と、ピアノが置いてあった。そのスペースにたどりつくまで、物置状態だったし、私がしょっちゅう実家に帰るわけでもないから、ピアノは調律もせず、ほったらかしだった。

今回床の張替えに際してそのピアノをどうするかと兄は聞いて来た。弾ける状態にするにも、捨てるにしてもお金がかかるし、私が思い出としてとっておきたいなら、そのようにするとのこと。
実際弾く機会はそうないだろう。東京に持ってこれるわけでも、置く場所があるわけでも無い。

思い出・・・と言われて子供の頃を思い出した。
私と兄は15歳、歳が離れてる。母は女の子が次に生まれたら、ピアノを習わせるのが夢だったようだ。
多分自分で言い出したわけではないと思う。保育園の年長の頃保育園のピアノ教室にいきなり入れられ、自分で曲をつくってごらんと言われ、教本の色んな場所を繋ぎ合わせてとんでもない楽譜を書いていき、先生を爆笑させた記憶がある。
母親の期待とはうらはらに、全然練習しない子だった。ピアノ教室に行く日曜の朝、ちょこちょこっと練習しただけで、教室に行く。当然練習が足らないわけで・・。
せっかく買ってもらったピアノが大活躍しない事を嘆き、父親が片手で弾いてたりしたっけ。

発表会の度、母が新しいワンピースを買ってくれた。母の姉が嫁いだ店が洋服屋さんで、その店の中で選ぶか、問屋さんに一緒に連れて行ってもらって、選んでもらった。新しいワンピースを着て、おしゃれして、母親と一緒に発表会に行く。帰りにデパートの食堂で好きなものを食べさせてくれる。私には好きなものを食べろという割には、母親はいつもラーメンなどを頼む。母も好きなものや豪華なもの食べればいいのに・・と子供心に思っては口に出したりしたが、母親は自分はいいから、私に好きなものを食べなさいと言った。

一度は発表会で出だしから間違えて、思いっきりやりなおして母親に恥をかかせたことがある。
一度はどうしても母の姉の店でみたワンピースが気に入り、売り先が決まってるからあきらめろと言われたけど、あきらめきれず、だだをこねたら自分のものになった。後で知った事実、その家の私と同い年の従兄弟の子供が着るはずのワンピースだったらしい。後で思いっきり本人に嫌味を言われた。

ピアノに限らず、習い事は私が望めばなんでも行きなさいと言ってた母。まるで自分が子供の頃に出来なかった事を、私には後悔なくさせたいという思いからであろう。
色んな思い出が走馬灯のように頭を巡った。
久しぶりに子供の頃を思い出し、母を思い出し、涙が出てきた。
私の音楽好きのルーツはここにあるのかもしれないな。

思い出は沢山あるけど、ピアノは処分してもらうことにした。

スポンサーサイト
.14 2008
ぽどんなる comment(1) trackback(0)

comment

のの
そっか・・。ぴあの処分すんだね。。
親が習い事とか色んなことをやらせてくれたことを考えて、そんなおかげで今こうしてるんだな、ありがたいなー、とやっぱ改めて思うね。


2008.04.16 00:09

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://runanaminfy.blog104.fc2.com/tb.php/74-61529f34

プロフィール

minfy

Author:minfy
FC2ブログへようこそ!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。