スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

WINTER PLAY

先週辺りから、電車の中の中吊り広告で、ビルボード東京の広告を目にする。

主な出演者をピックアップして載せてるんだけど、これが結構古い人ばかり・・。

チャカ・カーンとかさ、マイケル・フランクスとかね・・。やはり客単価が高い店だから、お金を持ってる世代狙いなのか・・。ブルーノートやスイートベイジルもそうだもんね。ライブチャージの他に食事代や飲み物代など入れると、結構なお値段になるからね~。

マイケル・フランクスの写真を見て・・自分がジャズをやってた頃を思い出す。MONK'S NEW TUNEというマイケル・フランクスの曲を歌ってた。直接彼のオリジナルを聞いて良いと思ったわけでなく、きっかけはイギリスのジャズシンガーが歌ってたアレンジがとってもかっこよかったので、採譜して自分も歌ってた。懐かしいな~。今歌おうとすると、結構歌詞忘れてるし・・。

ってことで、そんなきっかけでビルボード東京のホームページを見たら、なんとWINTER PLAYがライブをやってたではないか・・って事を終わった翌日わかったのだ。
とは言っても、よーく知らなかったのね。前にちらっとスケッチブックで見た記憶があるけど。クラジ以外のフラクサスのアーが、日本デビューしてる事すら知らなかった~。ちょっと探して見てみた・・

ジャジーな音なんだろう・・くらいに思ってたら、ジャズそのものだった。

マイケル・ジャクソンのビリー・ジーンをやってるんだけど、最初の方のギターの半音づつ下がってくアレンジがかっこいい!
ボーカルのへウォンは、最初聞いた感じ北欧系のジャズを思わた。実力でがつがつ行くというより、繊細さと声のニュアンスで雰囲気を出す系・・。
WINTER PLAYって、トランペットの人がプロデューサーだと言うけど、色んな動画見てみると、ギターの人の力が大じゃないかって思ってしまう。ジャズって土台はポップスでもアレンジによってジャズに生まれ変わるものだし、アレンジする人の力が物を言うわけで。やはりアレンジはギターやピアノの人がやるんじゃないかって。しかもこのギターの人、歌もものすごく上手いんだよね~。
しかし、バンドとして活動してるのってうらやましい。全部決まってるから、予想外の事が起こらないからね、ボーカルは安心して歌えるわけで。

日本で最近出した曲はなんと、エゴラッピンのカバーらしい。こりゃまた懐かしいですが・・。
どなたのアドバイスなんですかね~?
スポンサーサイト
.08 2009
JAZZ comment(0) trackback(-)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

minfy

Author:minfy
FC2ブログへようこそ!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。